床をバリアフリーにしたリビング    (間接照明と本棚を新設。壁は元の板張りを活かす)

床をバリアフリーにしたリビング
   (間接照明と本棚を新設。壁は元の板張りを活かす/塗装前)

築35年のハウスメーカー軽量鉄骨造のお住まいを
大きな間取り変更はせず、今の暮らしの使いやすさに対応させたリノベーション工事です。

ポイントとしては、
(1)バリアフリー化
(2)使いにくい水回りの改善
(3)サンルームとウッドデッキの新設
(4)サッシを全て撤去・新設
(5)外壁、屋根の塗装、樋などの撤去・新設

リフォーム前、羽目板張りの壁が多く使われていました。
クロス貼りに変えると明るさは得られても、チープ感は感じられると思い
ファブリックの質感のあるエコカラット(タイル)や、水回りの壁に上品な縦長のタイルを利用しました。
また、板張りの壁も一部活かしたデザインとしました。

サッシを二重サッシにせず、全交換としたので、すっきり機能的なリノベーションとなりました。

水まわりは使いやすい動線としっかり収納ができる間取りに変更。

洗面所の入り口ドアの位置をかえ、洗面所にたっぷり収納できる洗面化粧台と洗濯機スペースを設けました。

お風呂や洗面所は引き戸に、トイレは床の段差をなくしてバリアフリー化しています。

※住みながらのリノベーションのため施工中の写真を中心に掲載しています。

 

GALLERY

物件概要

所在地
神戸市
工事種別
リノベーション
建物種別
住宅
構 造
軽量鉄骨造戸建住宅
設計期間
2011.4~2011.9
施工
株式会社 匠建築工房
造作家具
栗原木工株式会社