CA3H0007

 

お子さまの成長と家族にとっての住まいのありかたをしっかり考えた建築主のお住まい。

自由で、可変性のある間取りをご提案しました。
いろんな場面で家族が集う、そんな家となるでしょう。

柱は高知の100年桧、梁や床板材は杉を使用。
内壁は黄土入りの土佐漆喰を塗る、自然素材の家です。

瓦・断熱材・杉天井板の効果で夏も暑くなりにくく、風通りの良い計画でとても涼しい家になりました。
また暖房設備に土壌蓄熱、サーマスラブを採用しました。

GALLERY

現在表示する記事がありません。

物件概要

所在地
神戸市
工事種別
新築
建物種別
住宅
構 造
木造2階建
延床面積
151.90㎡(45.9坪)
建築面積
84.24㎡(25.5坪)
設計期間
2009.1~2010.7
施工
株式会社 匠建築工房
カーテン
ギャラリーヒロタ
暖房設備
サーマエンジニアリング株式会社
写真撮影
高橋健吾
<

紹介記事

旧ブログ一覧

家族が集う家、旧ブログ(外部サイト)の投稿一覧です。
設計時から、設計完了後まで書いてきた記事の全てです。

※リンク先は外部サイトとなりますので、ブラウザの戻る、にてお戻りください。