TOP/ すまいのギャラリー/ / 気配を感じる子ども部屋

気配を感じる子ども部屋

お子さんが小さいうちは、子ども部屋を設けていても使われない部屋になることが多いようです。
子どもが大きくなったら使う、という想定ではもったいない。
子ども部屋は小さいころから使えて、大きくなったら個室として使えるよう、そして子どもが独立した時には夫婦が空間を有効活用できるような間取りにしておくことを勧めています。
この子ども部屋は、フリースペースと一体になって使えるようになっていて、ご主人の書斎コーナーや寝室とも連続する空間になっています。

2枚の引き戸を引きこむと フリースペースと一体に使える子ども部屋です。

2枚の引き戸を引きこむと
フリースペースと一体に使える子ども部屋です。

リビングから階段を上がって、寝室、書斎、フリースペースとつながる子ども部屋 家族の気配を感じられる空間なので安心して遊ぶことができるようです

リビングから階段を上がって、寝室、書斎、フリースペースとつながる子ども部屋。家族の気配を感じられる空間なので安心して遊ぶことができるようです。

カーテンはミラーレースを使用

カーテンはミラーレースを使用

フリースペース横にお子さん用のウォークインクロゼット

フリースペース横にお子さん用のウォークインクロゼット

 

この記事のお住まい

インナーテラスのある家