TOP/ すまいのギャラリー/ / 外からの目かくしを考えた窓演出

外からの目かくしを考えた窓演出

Kさまのお住まいでは、インテリア相談から発展して
カーテン・家具のインテリアコーディネートデザイン依頼をして頂きました。

日当たりも配置も良いお住まいですが、家に近接した道を通る人が多いとのことで、視線が気になってシャッターを下ろしていることが多いのです、と言われていました。

とても残念なことではありますが、実はよく見られる光景なんですよね。

そこで、日中シャッターをおろして過ごさなくても良いように、下部が厚地のプリーツスクリーンをご提案しました。

まずは、リビングのプリーツスクリーン。
プリーツスクリーンと言うと、和モダンな空間に合うような和紙調の生地の印象がありますが、ここでは麻のような風合いの布地を使っています。

 

麻のような素材のプリーツスクリーン

麻のような素材のプリーツスクリーン

厚地を全て下げてレース地のみにした様子 リビングは淡いピンク色のレース地を入れています

厚地を全て下げてレース地のみにした様子
リビングは淡いピンク色のレース地を入れています

厚地を上げた様子。日中はこのようにして過ごすと風も入ります。

厚地を上げた様子。日中はこのようにして過ごすと風も入ります。

レース地を全て上げて、厚地のみにした様子

レース地を全て上げて、厚地のみにした様子

次に道路に面した和室の小窓に設けたのがTOSOのビジック。
レース地と厚地が交互になっているロールスクリーンです。

ロールスクリーン(ビジック)を全ておろした様子

ロールスクリーン(ビジック)を全ておろした様子

少し上げた状態

少し上げた状態

厚地が重なる時にはスリットから光と風が入ります

厚地が重なる時にはスリットから光と風が入ります

[before] 以前のリビング窓

[before] 以前のリビング窓

 

和室は掃出し窓がありました。
この掃出し窓は常にシャッターを閉めている状態だったそうです。

 

上部をレースにした掃出し窓のプリーツスクリーン

上部をレースにした掃出し窓のプリーツスクリーン

厚地は汚れにくい生地、レースは茶色がかったベージュを使用

厚地は汚れにくい生地、レースは茶色がかったベージュを使用

[before] 以前の和室掃出し窓

[before] 以前の和室掃出し窓

 

カーテン、窓周りの演出はインテリアの「見た目」「雰囲気」を良くするだけではなく、暮らしを心地よく、過ごしやすくするための大事な要素になります。

この記事のお住まい

アルミフレーム扉のキッチン収納