TOP/ すまいのギャラリー/ / 森をイメージしたインテリア

森をイメージしたインテリア

この「程良い距離感の家」は、住まいのリノベーションだけでなく
家族の距離感、お互いの関わり方から考え、暮らしをリノベーションされている、と実感する住まい。

譲れない部分もあったはずなのに
話していくと何が大事だったのか見えてくる。

それがみゆう設計室の対話によるデザインです。
じつはこの「程良い距離感の家」冷静に写真を見ると、枚数が少ない。
もともと3DKだったお住まいが1DKに変わっています。
それも間仕切りを開け放つとワンフロア一体になるお住まい。
部屋の数が少なくなったので、写真枚数も減ってしまいますね・・・。

でも、部屋が少なくなったことで部屋が広くなり
自由度が高まったということを伝えられたらいいなと思います。

 

森をイメージしたインテリア

 

樹木柄カーテン

 

ファミリースペースの収納に設けたIKEAの樹木柄カーテンです。

インテリアのイメージが、グリーン、森であったため
天井に向かって木がのびていくようなこの生地がいいなと思っていたのです。

なぜか最初の提案のときもカーテンの色をグリーンで描いていました。
K様のお住まいの印象から描いたのかもしれませんが
後でお伺いしたら、グリーンがお好きだったようです。

 

このカーテンの反対の面、一面のみ、柄の入ったクロスを貼っています。

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

写真で見ると分かりにくいですが、梁下が樹木柄のクロスになっています。

 

樹木柄のクロス

樹木柄のクロス

 

そして、ワークスペース(本棚のあるスペース)にグリーンの壁紙を貼りました。

 

IMG_1675

 

リリカラのモリスシリーズのクロスを使用しました。

リリカラのモリスシリーズのクロスを使用しました。

 

面によって、少しタイプが違う印象ではありますが
森、グリーン、というようなテーマで全体を整える。

そんなインテリアの提案をさせて頂きました。

 

この記事のお住まい

程良い距離感の家