TOP/ すまいのギャラリー/ / ファミリーデスクの収納

ファミリーデスクの収納

ナチュラルモダンな家、O様邸のファミリーデスクの収納の秘密を紹介します。

ファミリーデスクをキッチン横から見た様子です。

ダイニングでも使えるベンチの下部にはキャスター収納が5箱あります。

 

 

次の写真は、リビング側から見た様子です。

 

かなり幅のあるファミリーデスクです。

3人は余裕で座れますね!

キッチンサイドの壁の裏部分はよく使う書類などを置けるように考えてあり、右のベンチ側はお花などを飾ることができるステージとして考えています。

 

このベンチとファミリーデスクのぶつかり合う部分の収納には少し工夫がしてあります。

 

sm14

 

こちらが収納を全てクローズした通常の状態です。

オープン収納部分にはノートパソコンを収納することを想定しています。

一段高くしているのは、デスクの天板がそのまま端まで続いていると作業台の延長となってしまい、せっかくの「飾るスペース」がモノ置場になってしまいます。

ちゃんと「飾るスペース」をステージにするためのデザインなのです。

 

sm20

 

オープン棚の下は、跳ね上げ・収納式の扉でプリンターが入るようになっています。

奥にはコンセントもあるので常設可能です。

 

sm12

 

ベンチの下部収納はキャスター付で移動できます。

 

sm11

 

このキャスターを全部出してしまうと、奥に棚が。

プリンター用紙のストックは場所とるんですよね。普段は使わないけれど買い置きしておきたいな、というストック用紙をプリンターの近くに、かつ普段は取り出しにくくて他のものは入れない場所を定位置にしています。

 

キャスターも秘密があり、リビング側の2つは全方向タイプのキャスターにしてあり、移動する可能性のあるおもちゃやリビングで使うモノをいれられるようにしてあり、それ以外の3つは前後方向のキャスターで出し入れしやすくなっています。

 

sm23

 

そして、こちらはランドセル用ワゴン。

お子さんがランドセルと、教科書などを入れられるように考えたワゴンです。

 

コーナーに収納盛りだくさんですね。

 

シンプルに見えるファミリーデスクですが、使う用途を考えて収納を作っています。もちろん、お子さんがランドセルを収納しなくなったあとは、ご夫婦がノートパソコンを置いたり、仕事のカバンを置いたりできるランドセルワゴン。いろんな可能性についてもお話していると、「定位置」もできるし、変化に対応できる「余裕」もうまれますよ。
 

この記事のお住まい

ナチュラルモダンな家~O様邸