TOP/ すまいのギャラリー/ / リビングのデスク付収納

リビングのデスク付収納

「プチガーデンを楽しむ家」は、
2013年に玄関前のアプローチとキッチン周りのリフォームを行いました。

2014年の春に生活のスタイルががらっと変わられたこともあり、もう一度少し先を見据えたご相談をお願いしたい、というところからはじまりました。

2013年のリフォームの設計の中では、まずはダイニング・キッチンでの過ごし方を見直し。

無駄にスペースを使っていた部分を無くして、機能を全てまとめたキッチンの背面収納を作りました。

キッチンの背面収納

キッチンの背面収納

ダイニングで過ごすことが多く、ノートパソコンをここで使うことも多い、とのこと。

そのため、オーブントースターの隣がプリンターという、なんとも大胆なキッチン収納になりました。
(プリンター部分は前板がクローズします)

この背面収納のおかげでダイニングキッチンがすっきりした、
とても使いやすくて気に入っている、と言って頂きました。

その快適さを感じて頂いたからか、次はリビングの見直しに入りました。

 

実は前回のリフォームのときにも、家族の過ごし方について伺っていました。
工事を行っていないリビングや子ども部屋に関しても随時アドバイスしていました。

そのアドバイスに対して、工事が済んだ後に時間をつくられて家具配置に変えられたところ、リビングでの過ごし方がすごく快適になったとのことでした。

そこで、生活スタイルが変わったタイミングに、もう少しみゆう設計室のアドバイスをもらって、リビングも個室もより快適ですっきりしたものにしたい、とのご依頼でした。

その中で提案させてもらったのが、シンプルではありますが、機能を満たしたこのリビング収納。

 

キッチン背面収納と同じ仕上げのリビング収納

キッチン背面収納と同じ仕上げのリビング収納

収納されるものはそれほど多くないので、もともと収納していたものより少しだけスペースが多くなれば良い。

飾る楽しみも味わいたいけれど、お掃除や片付けなど、あまり手をかけたくはない。

できればここでPC作業などもできたらいいな・・・。

 

壁面を演出することも考えていろいろ提案してみました。

 

その中で最後に全ての要素がぴたっとおさまるアイディアの神が降りてきてくれました(笑)

 

右側の中段はスライドする天板で、デスクとして使用できます。
ノートパソコンは常にそこに入っている状態で、奥にコンセントもおさめてあるのですっきりしています。

 

リビング収納、扉をあけた様子

リビング収納、扉をあけた様子

 

内部はA4のファイルボックスが横、縦、どちらでも置けるように計画。

お子さんの学用品や教科書なども、ひとりずつ置けるように考えています。
今回この工事を機に、ソファの買い替えをしました。
このスペースに合うコンパクトなソファを選び、ぴったりおさまるようにスペースの計画もしています。

ソファに座ると、お庭がよく見えます。

少しだけだけど、ガーデニングが好き。

というM様の暮らしの居心地良さはこのスペースにあると思っていました。

 

この記事のお住まい

プチガーデンを楽しむ家