TOP/ 家づくりレシピ/ 子そだてしやすい家をつくる
子育てしやすい家

子そだてしやすい家をつくる

育児の考え方や、子どもとの向き合い方は人それぞれ。
どのように家の中で家族との時間を過ごしたいかという考えや
育児の仕方、教育、しつけの考えはご家庭ごとに異なると思います。

それぞれのご家庭の暮らしと、建築主ご夫婦のお子さんとの向き合い方について伺います。
私自身の育児を通して「子どもとの関わりかた」を感じ、
お子さんの成長段階に応じた住まいの変化も考えながらデザインをしています。

子そだてをしやすい住まい

★ 育児に関わる「もの」が、使いやすく片付けやすい場所に収納できる住まい
★ 自立を促す住まい
★ 子どもの気配を感じる住まい
★ 子どもの安全を考えた住まい

子どもの成長段階に応じて変化させる暮らし

★ 幼児期の子ども空間 ~子どもの過ごす場所を考える
★ 小学生の子ども空間 ~子ども部屋を使う?使わない?持ち物の定位置
★ 中高生の子ども空間 ~一人の時間、家族との距離感

子そだて中だからこそ、家づくりは楽しい

家を建てる時のお子さんの年齢、お子さんとの関わり方を元に家づくりをしますが、今現在の育児の仕方、子どもとの関わり方のみを考慮して「子どものいる住まい」を計画することはできません。

全てお子さんに合わせた住まいづくりをするのではなく、お子さんの成長段階を見据えて、そこに暮らす夫婦がどんな時間を家で過ごしていきたいか
ということを考えながら家づくりに向き合ってもらっています。

子そだて中だと家づくりは大変だし、せっかく家を作っても子どもが汚したり傷つけたり壊してしまうのが嫌・・・と言われる方もいらっしゃいますが、子どもと共に変化し成長していく家もまた魅力的なものだと思います。

メンテナンスをしなくて良い家はありません。
それなら、お子さんと一緒にメンテナンスを楽しめる家にしたら良いと思います。

そんな風に、子そだて中だから家づくりが楽しい、と思ってもらえると嬉しいです。

このテーマに関連するよみもの