TOP/ 家づくりレシピ/ 居心地からつくる家
居心地からつくる

居心地からつくる家

家づくりをする上で、広さ、収納量、機能については誰もが意識する点だと思いますが、それ以上に「居心地の良い場所づくり」を意識してデザインすることが大事です。

「居心地の良さ」を基準にすると、広さ、収納量、それに合わせた機能も決まってくるのです。

居心地の良い空間をつくるために次の6つの要素をあげています。
(1)スケール感(広さ、天上の高さ)から感じる心地良さ
(2)収納と片付けやすさから感じる心地良さ
(3)色と素材から感じる心地良さ
(4)暮らしにお気に入りなものを取り入れること
(5)シーン(見え方)、動線、光や風の入り方を配慮すること
(6)他の人との距離感

光を取り入れるときは窓から熱も入り込むので、カーテンやガラスの機能も考え、内装の色や窓の位置、素材感で明るさをトータルに計画します。
基本的には風が通りやすい窓計画にし、外からの見え方、部屋から見える風景などにも配慮します。

このテーマに関連するよみもの