TOP/ 家づくりレシピ/ 楽しくつくる家
楽しくつくる家

楽しくつくる家

いつかは家を建てたいと思っているけれど…
そのように思ったときが家づくりのスタートです。

みゆう設計室の家づくりの基本は「家づくりを楽しむこと」

新築にしても、リフォームにしても、たくさんの費用をかけて暮らしの場を作るのですから
できる限り、納得のいく楽しい家づくりをしてもらいたいと思っています。

そのために、家づくりを楽しむための講座やイベントを開いています。
講座で少しずつ住まいについて学ぶところから、家づくりをスタートさせてみてはいかがでしょうか?

過去に開催した住まい講座

  • 家族の住まい時間を考える会
  • 北欧の住まいから学ぶインテリア講座
  • 私仕様の家事ラク収納を考える住まい講座
  • 子どもの成長段階を考えた住まいづくり講座
  • 女性建築士のキッチンデザイン講座
  • 居心地の良い空間をつくるための住まい講座
  • 暮らしを彩る、カラー+ファブリックインテリア講座

他にもセルフペイント体験イベントや、アロマ・ハーブを取り入れた暮らし講座なども開催しています。みゆう設計室の事務所を会場に開く講座が多いですが、他イベントに出展することもありますので
【イベントのお知らせ】をチェックしてくださいね。

家と長く付き合うことも、家づくりを楽しむことのひとつ

設計者は「家をデザインする」ことが仕事ですが、家は完成して終わりではありません。
建築主のご家族が、長い年月暮らしを紡ぐ空間を作っているのです。

そのため、家族の暮らしの「未来時間」を伺うようにしています。

もちろん、そのビジョン通りの未来がやってくるとは限りません。
しかし、ご家族の暮らしの変化にも、対応できるような家づくりをしておくことが、本来の「長い年月暮らせる家」づくりだと思っています。

また、設計の間、たくさん考えて、たくさん要望を叶えるため、家づくりの過程を楽しんだ家へは、大人だけでなくお子さんも愛着を持つことになると思います。

家づくりの過程を大人が楽しんでいると、その家への引っ越し後に小さいお子さんの夜泣きがありません。お子さんもその家ができて行く過程を見て、感じて、自分の家だという理解と愛着を持っていくのだと思います。

下の写真は「森を望む家」のキッチン。

収納は全てOPENで、使い方を研究しながら、少しずつ作り上げていく、というキッチンです。
全ての人がこのようなキッチンを使いやすいと思うわけではありませんが、使いながら、使いやすさを考える楽しみ、暮らしの楽しさを感じてもらっています。家とながく付き合うことも、家づくりを楽しむことのひとつなのだ、と学ばせてもらったお仕事でした。

今から家づくりをされる方には、ご家族が長く付き合っていきたいと感じる家づくりをしてほしいと思っています。

このテーマに関連するよみもの