HOMECOLUMN › 普通で良い。その中に自分らしさがある。

普通で良い。その中に自分らしさがある。

みゆう設計室の住まいのデザインの特徴は「女性目線、主婦目線」である、と表現することが多いのですが、そのかたちに対しては「決められたルールはない」といつも思っています。

私がデザインする住まいは、その家族に対してきわめてシンプルです。

 

シンプル=その家に関わる条件を整理すること

 

全てにおいて考え方をシンプルにします。

 

  • 素材
  • 使い方
  • 暮らし方
  • 環境
  • 生活スタイルの変化

 

複雑であり、相反するたくさんの条件を整理していった家は、たくさんの条件を盛り込んでいるようで、実は「必要なもの」だけに削ぎ落とされています。

 

それは、必要な条件を減らしていくのではありません。

とても重要なことがだんだん大きな核になっていくのです。

 

変わった家にしない

 

そして、敢えて私から「変わった家」にはしません。

その家族にとっての「自然体」をかたちにしていきます。

 

「個性至上主義」であった世代。

子そだてをしていても、母になってもキラキラしていたい、と思えるようになった世代でもあります。

でも、一生懸命「自分らしさ」を前面に出せば出すほど、個性的ではなく、すごく一般的に見えてしまう、と思うのです。

 

実は普通である、一般的であると考えているところに、自分らしさがあると思うんです。

 

そこに自然体の、自分らしさがあると。

 

肩肘張らなくて良い。

だって、家は自分の暮らしの場なのだもの。

 

そして、そのスタイルに忠実であると、その家族らしいオリジナルのかたちになります。

 

建築主はこだわりの強い方ばかりではない

 

「設計の依頼をする方はこだわりが強い方が多いのでは?」とよく聞かれますが、必ずしもそうではありません。

 

むしろ、シンプルにしたいのだけど、それができない。

今あるものを活かしたいけれど、それができない。

暮らしに合わせた家をつくりたいけれど、それができない。

自分が普通だと思っていたことができない。

 

という理由なども多いのです。

 

デザイン系の学校に行って、デザインの仕事をしていると、「自分らしさ」とか「個性」とか「自分が好きなもの」とかをすごく追及することにもなるのですが、「自分はすごく一般的だし、普通なんだ」って素直に受け止めてから少しずつ「私らしいデザイン」が見えてきました。

自分らしさを探すことって、肩肘張らなくていい。

(アーティストは違うと思いますけど!)

 

実は見栄を張るのも自然体

 

「見栄をはりたいから、お客さんが来る場所はかっこよく!」というのも自然体。

「とにかく楽したいから、片付けやすい家にするの!」というのも自然体。

 

自然体になってもらって、家づくりをするのがみゆう設計室らしいデザインなのだと思います。

すごく女性的、母性があるという感じ

と、この間言ってもらったのですが、その通りだなと最近思います。

 

女性的であるから、安心できる。

そんな「やさしい家」をデザインしたいと思っています。

Miyu
みゆう設計室代表・神戸の女性一級建築士。 母・主婦目線で家族の暮らしから住まいをデザインします。 ご飯が美味しくなった!と言われる家、家事負担を減らし、リラックス時間を楽しめる家の設計はお任せください。中学生兄妹、年子の母。 家族と家づくりとヴィッセル神戸が大好き。