HOMECOLUMN › 収納はそんなに多くいらない

収納はそんなに多くいらない

どのお住まいにもたっぷり収納を設けていますし、今お手持ちの「もの」を、使いやすく収納できるように「収納配置」、「収納のかたち」をデザインしています。

 

そんな私が「収納はそんなに多くいらない」と言うとおかしいかもしれません。

 

でも、「暮らし方」「居場所」「使いやすい収納」のバランスでデザインしてみると、建築主から収納に対して「足りるかな・・・」と心配されるケースは結構多いのです。

 

結構多めに設けても、です。

 

「もの」に対して思うこと

 

今日の打合せでは、みゆう設計室が設計に入る前から収納やくらしへのオーガナイズサポートに入られているオーガナイザーさんと同席しました。

このような打合せ、おもしろくて大好きです。

 

周りからみたら不要に見えるものにも「気持ち」が入っていて捨てることができないもののこと。
そして、扱いが苦手なもののこと。

お気に入りのもののこと。

 

建築主が収納量に不安を感じていても、オーガナイザーさんと私が「これで十分おさまります」と言うケースがあります。

 

収納すべき場所に収納する場所があるか否か、ということ。

 

収納する「もの」への思い、優先順位。

 

家に対して収納が多すぎると生活もしにくくなります。

少し持ち物の量を減らすことを前提としている時はあります。

 

 

把握していない「もの」も意外と持っています

 

今回の打ち合わせでは季節外の大物をいれるスペースはもう少し欲しいですね!というご意見もありました。

 

打合せの間は見えない押入の奥に入っているようなものは私でも把握できないことがあり、そして建築主さんも把握していないものであることもあります。

 

持ち物をリストアップして頂くと、持っていることを忘れていて、リストに入っていないものは結構ありますね。

それくらいの余白は大抵設けているのでご安心を。

 

 

収納スペースが足りない恐怖症

 

住まい相談、インテリア相談などに伺っていても、なぜその収納家具があるのですか?というお住まい結構あります。

収納スペースが足りない恐怖症なのですよね。

 

自分にはどれだけの「モノ」が必要で、これ以上「モノ」が増えたら生活の上でのキャパオーバーである、というのを感じて暮らせると、きっと暮らしやすいんだろうと思います。

それを一目で見て分かる住まいをデザインしたいと思っています。

 

使わないものを、奥にしまって忘れてしまうような家にはしないように。

 

収納家具がひとつ増えると、家が狭くなるというように思うとよいと思います。

そして、収納家具が増えれば物も増える。

そのあたりを意識すると、収納家具を安易に買わなくて済むと思います。

 

 

Miyu
みゆう設計室代表・神戸の女性一級建築士。 母・主婦目線で家族の暮らしから住まいをデザインします。 ご飯が美味しくなった!と言われる家、家事負担を減らし、リラックス時間を楽しめる家の設計はお任せください。中学生兄妹、年子の母。 家族と家づくりとヴィッセル神戸が大好き。