HOMECOLUMN › 夫婦で家づくりについて決めるのは簡単ではない

夫婦で家づくりについて決めるのは簡単ではない

ご夫婦そろっての打合せが続きました。

私が間に入ることでご夫婦の家への思いを「分かりやすく整理」して、ご夫婦お互いが目指す方向に「向き直す」ことが多いです。

 

「家族が笑顔で暮らす」目的で、家づくりをする家庭が多いです。

 

  • 子どもが小学校に入る前に家を建てる=転校などせずに気持ちを落ち着かせて就学できる
  • 使いやすい水まわりの家にする=奥さんの家事負担を減らす
  • 広いリビングにする=家族がゆっくりリラックスした暮らしをする

 

などなど。

実は改善したいポイントは、家族のためを思って、または怒ったりストレスを感じたりしてしまうことを感じないで済むようにするためのもの。

 

自分自身が家族を思って考えた「住まいの要望」と、他の家族の望みが一致しないことはよくあります。

 

たくさん話し合っている仲良し夫婦でも。

 

仲良し夫婦だからこそ

 

特にやさしいご主人のご家庭。

奥さんのために!って思っていることが仇になることもあります!!

 

家づくりに関しては、生まれて育った過程は夫婦同じではありません。

 

夫婦になってからの時間、暮らしのスタイルを摺り合わせできているご家庭もありますが、やっぱり小さいころからの習慣を基準に考えてしまうこともあります。

 

自分がすごく気になることが、相手はあまり気にならない。

 

そんなことでストレスを感じることは、どこのご家庭でもあると思います。

 

家づくりの過程でその摺り合わせをしている家庭もよくあります。

良いチャンスなんですよ。

 

夫婦の住まいの価値観の違い

 

夫婦で直接話し合うと、自分の主観をお互いが直接伝えることになり、価値観の違いで話しにならないこともあります。

はい、よくあります。

ですから、そんなときに第三者である私がいると、それを整理することが可能なんです。

 

今までのお客さま、読んでくれていて、うんうん、って頷いている方もいるかも(笑)

 

例えば家のことは全て奥さんに任せます、というご家庭でも、ご主人がどんなものが好きなのかお会いして聞いているだけで完成する家のスタイルは変わります。

夫婦二人で考えて家のカタチを決めるのって、本当は結構難しいんですよ。

 

っていうことが、普通の事である、ということを知ってもらえたら、家づくりのこともっと気楽に、楽しく考えられると思います!!

 

具体的にどんな方法をとっているかといいますと・・・

 

それぞれとメールでやりとりしたり、それぞれから直接言葉を聞いたりします。

 

そこから生まれたデザインもたくさんありますよ!

 

Miyu
みゆう設計室代表・神戸の女性一級建築士。 母・主婦目線で家族の暮らしから住まいをデザインします。 ご飯が美味しくなった!と言われる家、家事負担を減らし、リラックス時間を楽しめる家の設計はお任せください。中学生兄妹、年子の母。 家族と家づくりとヴィッセル神戸が大好き。