HOMECOLUMN › ヴィラマイレアのある街ノルマルク

ヴィラマイレアのある街ノルマルク

ヴィラマイレアがある、Noormarkku(ノルマルク) の街は、小さな川が流れ、リンゴ畑のある小さな街です。

大きいレストランもなく、本当に小さな田舎町。

地元の人たちも、英語が話せる人が少なくて、道を聞くのが大変でした。

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

このNoormarkkuの街には、訪れる旅行者のほとんどがヴィラマイレアに行くそうです。

ほとんどが日帰りで立ち寄られるみたい。
それくらい、何もない小さな街なのですが、本当はこの街にヴィラマイレアがある理由を知る意味も含めて、ゆっくり過ごすべき場所なんではないかなと思いました。

 

マイレ一族の街

 

幸いなことに、スケジュールに余裕があったので、見学の前の日には周辺を散歩することができました。

 

IMG_0805

 

宿泊した場所のすぐ横にあった大豪邸は、マイレのおじいさんの家なのだそうです。

クラシカルな建物。メンテナンスが入っていました。

手入れされた美しい庭。

そして、当たり前のように散歩をしていたのですが、だれでも入って良いのでしょうか(笑)

柵も当然ありませんし、遊歩道も美しいのですよ。

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

そして、こんな素敵な道を歩いていくと・・・

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

白樺並木がありました。

ただそこにある白樺並木なのに、絵本に出てきそうな風景です。

 

IMG_0804

 

マイレの一族がいたからなのかもしれませんが、並木道、小川、小麦畑、本当に美しい街でした。

マイレア、と書いてあるのがヴィラマイレア。

ハヴリナはマイレのお父さんの家で、ヴィラマイレアのある丘の中腹に建っています。

 

ヴィラマイレアがある丘

 

IMG_0803

 

リンゴ畑の奥、丘の上に建物が見えます。

ちいさな街を見下ろす、小高い丘の上にヴィラマイレアはあります。

この写真を撮ったのは、ヴィラマイレアを訪問予定の日の前日。

もう、この風景を見ただけでワクワクが止まりませんでした。

 

宿泊した宿は、マイレのおじいさんの家の小川を挟んで隣に建っていました。

 

IMG_0806

 

この宿がこんな素敵な場所にあるとも知らず、ここに着いた時に喜びが隠せませんでした。

ヴィラマイレアの魅力は小高い丘の上、森に囲まれて建つことだと思っていましたが、ヴィラマイレアから見下ろす風景がなんと美しいこと。

リンゴ畑、白樺並木。

どれも整備されたものではありますが、自然の魅力を最大限活かした風景に感動するばかり。

 

フィンランドのほかのどの街よりも、家族や友達に紹介したいし、次は一緒に来たいと感じる街でした。

Miyu
みゆう設計室代表・神戸の女性一級建築士。 母・主婦目線で家族の暮らしから住まいをデザインします。 ご飯が美味しくなった!と言われる家、家事負担を減らし、リラックス時間を楽しめる家の設計はお任せください。中学生兄妹、年子の母。 家族と家づくりとヴィッセル神戸が大好き。