HOMECOLUMN › 作業ができる、洗濯機置場

作業ができる、洗濯機置場

洗濯機を置く場所は「浴室の隣の洗面所」が一般的ですが、必ずしも洗面所に置く必要はありません。

洗濯機を置く場所にはポイントがあります。

  • 洗濯をする時間帯
  • 洗濯物を干す場所との関係
  • 洗濯の干し方と家族との関係

 

家事の中でも毎日しないといけない洗濯ですから、できるだけ家事負担少なく、楽しく家事ができるような工夫を盛り込みたいのが主婦の思いです。

 

森を望む家の洗面所への要望

 

森を望む家の洗面所周りの計画をする際に、2点の要望がありました。

  • 基本的には乾燥機と部屋干しで対応するので、洗濯してすぐに干せるスペースが欲しい
  • 洗濯物を干したらすぐに収納できるような、家族で共有するウォークインクローゼットが欲しい

 

01

 

そこで、K様のアイディアで、洗濯機を中央に置き、その上を作業棚とする方法をとりました。

国産のドラム式洗濯機は高さがあるのですが、お手持ちのものはそれほど高くなかったのでそれにあわせて計画しています。

作業台のまわりの立ち上がり壁で給水、配線などが可能なように対応しています。

中央に洗濯機が来たので、壁際に鏡扉のある収納を大きく設け、窓際に物干しスペースを確保できました。

 

洗濯作業の中心となる作業台

 

24

 

洗濯物を干すときに作業台の上に置いたり、アイロンをかけたり、洗濯物を畳んだり・・・。

この作業台が洗濯動線の中心です。

 

作業台の横には、物干し用のワイヤーを設けています。

洗濯物が乾きやすいように壁には壁付けの扇風機を設けていますし、冬場にはこの空間で蓄熱暖房機が稼働します。

 

そしてポイントとしては、この場所からも「森が見える」のです。

作業をしていても心地よい。これが家事をする主婦の思いです。

 

洗面所の隣にファミリークロゼットを設けているので、収納もすぐにできます。

 

テレビ放送、住人十色での紹介

 

「森を望む家」は住宅関連の人気番組、住人十色で紹介されましたが、そのときこのアイランド洗濯機が話題になりました。

 

34

35

36

37

 

こちらのご家族の場合、主に部屋干しと乾燥機利用がメインになる、と伺っていましたのでこのような洗面所のデザインとなりました。

洗面所のスタイルが一般的であるか否かではなくて、その家庭の洗濯の一連の作業の仕方が基本になっているのです。

そうすることで、家事動線も短くなりますし、たとえ家事の仕方が変わったとしても気持ちよく家事をこなせる空間が作れます。

 

 

住人十色、「森を望む家」をTVで紹介していただきました!!

 

このコラムに登場するお住まい

森を望む家

Miyu
みゆう設計室代表・神戸の女性一級建築士。 母・主婦目線で家族の暮らしから住まいをデザインします。 ご飯が美味しくなった!と言われる家、家事負担を減らし、リラックス時間を楽しめる家の設計はお任せください。中学生兄妹、年子の母。 家族と家づくりとヴィッセル神戸が大好き。