HOMECOLUMN › 定位置があるからすっきりキッチン

定位置があるからすっきりキッチン

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

「片付けが苦手だけれども、すっきりした暮らしがしたい」

 

そんなご依頼こそ、主婦目線の住宅デザイン本領発揮です。

 

「すっきりした暮らしがしたいし片付けは苦手だけれども、キッチンはオープンで、孤立しない素敵なキッチンにしたいな。でも片付けが苦手だからオープンキッチンなんて無理。」

 

と言われる方がいますが、片付けやすく、見える・見えにくいを上手に使い分けたキッチンを作れば良いのです。

 

家電のスペース

 

家電を置いたキッチン背面収納

家電を置いたキッチン背面収納

 

カウンター下にスライドトレーを2枚並べています。
さらにその下には深さの浅い引き出しを。

家電はインテリアをごちゃごちゃ見せる傾向にありますので
ダイニング側から見えにくい、低い位置や奥まった位置に設けることがオススメです。

 

さらに、足元の浅い引き出しにはホットプレートの定位置を。
ホットプレートを高い吊戸の中に入れたり、入る場所が無くて納戸に置いたりしている家を見ますが、重さがある家電なので高い位置に置くのは危険です。
そのため引出しでも比較的取り出しにくい低めの位置にホットプレートの定位置を持ってきています。

 

家電を置く前のキッチン背面収納

家電を置く前のキッチン背面収納

 

低い位置の引出しは座らないと取り出せないので、頻繁に取り出すものではない利用頻度の低いものの定位置としてあげています。

腰痛がある、という方には向かないので、使用頻度と使い勝手を考えて定位置を決めてあげるのがオススメです。

 

引き出しにも事前に定位置を考えておくと良い

 

キッチンの引き出し

キッチンの引き出し

このキッチンはオーダーキッチンですので引き出しの寸法も入れるものに合わせた対応が可能です。

この引出しに何を入れるか検討してもらいましたが、奥様より「使いたいのに使えていない調理家電を入れたい」とご要望を頂きました。

 

フードプロセッサー、ブレンダーなどの定位置

フードプロセッサー、ブレンダーなどの定位置

当初の計画であると調理家電がおさまらなかったので、お手持ちの調理家電を出してもらい、寸法を測って引出しの幅・深さを決めました。
こんなにすっきり、定位置ができています。

収納する定位置があれば、使いたい道具を使い、すぐに片づけられます。
片付けが苦手、という人こそ、持ち物を見直してモノの定位置をつくることで、使いやすくて、すっきりしたキッチンを作ることが可能になります。

 

頻繁に使うものを使いやすい定位置に収納するとは限らない

 

3段引き出し

3段引き出し

 

キッチンの収納の基本は、使う場所の近くに収納するということ。

また、使いやすい場所に頻繁に使うものを収納することだと思います。

 

しかし、上に書いたように「きっと使いやすい場所にあったら使うはず!」というものの定位置を比較的使いやすいゾーンに入れるという方法もあるのです。

その優先順位はそのキッチンを使うご家族次第。

 

一緒にキッチンで使うものを確認しながらつくるキッチンだからこそ、このような定位置を作れるのです!!

 

このコラムに登場するお住まい

 

インナーテラスのある家

Miyu
みゆう設計室代表・神戸の女性一級建築士。 母・主婦目線で家族の暮らしから住まいをデザインします。 ご飯が美味しくなった!と言われる家、家事負担を減らし、リラックス時間を楽しめる家の設計はお任せください。中学生兄妹、年子の母。 家族と家づくりとヴィッセル神戸が大好き。