HOMECOLUMN › 洗い物かごを隠すキャビネット

洗い物かごを隠すキャビネット

シンクをすっきりとさせるには

シンクをすっきりとさせるには

キッチンは使いやすいことに加え、お気に入りの空間であり続けるために「きれいな状態」を保てるデザインであることが必要。

 

収納できないものが見えてしまうことで、すっきりしないことが不満につながるかもしれません。

 

もちろん日常では使いやすいように出ていても良いものが、来客時やリラックスしたいときに隠せるようになっていること。
それもオープンなキッチンでは大事にしているポイントです。

 

洗い物かごや、ふきん、まな板、洗剤やスポンジ。
生活感のあるそれらの「定位置」を考えるのも主婦ならではのキッチンデザインです。

 

来客時の洗い物かご

 

洗い物かご

洗い物かご

「キッチンを囲む家」の開き扉の収納には、通常シンクに置いているカゴを置くことが可能です。

 

日常はシンクにカゴを置いて、洗いあがった食器を上げるために使います。

 

ただ、このキッチンは家の中心となり、暮らしの中心となるオープンなキッチンなので、来客時にそのカゴが出ていることが気になるかも・・・

そのため、使うかどうかは別にして、洗い物かごを収納できるサイズに開き扉の収納を計画しました。

 

シンク下に洗い物かごを置けるスペースを確保しています

シンク下に洗い物かごを置けるスペースを確保しています

かごにたくさん入れていたら入らない?

 

すぐ隣にパントリー

すぐ隣にパントリー

それに加えて、パントリーもしっかり確保。

 

洗い物かごの中に大きいお皿などが乗っていたらシンク下の収納におさめるのも大変。

そんな時は奥にあるパントリーに置く、という方法があります。

(実はほとんどパントリーに置いてしまいます、と伺っています。)

 

実は前の家で使われていた食器棚はパントリーに置いていて、炊飯器などの家電はこのパントリー内の食器棚に置いています。(換気扇も設けました)

 

洗いかごだけではなく、来客時に見せたくないもの、買ってすぐのものなどもパントリーがあるとさっと置いておけますね。

 

このような安心しておけるスペースがあることも、家事がしやすいキッチンの大事なポイントなのです。

 

このコラムに登場するお住まい

 

キッチンを囲む家

Miyu
みゆう設計室代表・神戸の女性一級建築士。 母・主婦目線で家族の暮らしから住まいをデザインします。 ご飯が美味しくなった!と言われる家、家事負担を減らし、リラックス時間を楽しめる家の設計はお任せください。中学生兄妹、年子の母。 家族と家づくりとヴィッセル神戸が大好き。