HOMECOLUMN › 新入学に備えた「子ども部屋」の準備

新入学に備えた「子ども部屋」の準備

「ポジティブになる暮らしと住まいのつくりかた」講座、インテリア相談と続きまして、ちょうど両方に重なる内容が

新入学に備えた「子ども部屋」の準備

よく考えたら、我が家も新入学ですね。

実は小学生ママであるわたくし、まだ中学生の持ち物の量や生活スタイルが分かりません。
(中学生以上のお子さんがいるときは、随時持ち物などについて伺うようにしています)
とはいえ、あまり気にしていません。
始まってみないと分からないことも多々ありますから。

 

竣工2年後の様子

 

事前に完璧に整えなくても良い

幼稚園・保育園の生活から、小学校に変わるタイミングは特に悩むと思うのですが、そこで「完璧に」整えて決めてしまわなくても良い、と思っています。

とりあえず、モノを置く定位置だけ確保できれば。

定位置に物を置く、ということだけでも習慣づけできると良いですが、大人の思う通りにはいかなかったりします。

 

小学生になったら、お子さんと一緒に考えればいいのですよ!

片付ける場所や、片付ける方法を。

 

我が家は既に「片付け苦手ー!」と匙を投げられていますが。

じゃ、一緒に考えながらやってみようか。

と言いながらなかなか一緒に片づけてあげられない母です・・・。
 

小学生のもちもの

小学生の場合、場所をとるのが

  • 鍵盤ハーモニカ
  • リコーダー
  • 習字道具
  • 絵の具道具
  • 裁縫セット

 

ですね。特に鍵盤ハーモニカは幅があるので収納場所に困ります。

ランドセルに関しては定位置を作るケースも多いのですが、上記の持ち物は学年があがるにつれて増える物でもあるので、のちのちそんなスペースが必要になることを知っていると良いと思います。

ランドセルやデスク周りに収納しなくても良いと思うので、これらを置けるスペースを確保しておくと良いですね。

 

スポーツや習い事の持ち物

我が家は息子がサッカーをしているので、サッカーの道具も結構場所をとります。野球やテニス、剣道とかになると高さ方向の収納スペースも必要になりますよね。
我が家も先日やっと全てのサッカーの道具・合宿などの道具を一ヶ所にまとめて収納できるよう整えました。サッカーをはじめてもうすぐ3年になりますが、これが道具がどんどん増えていくんですよね。(我が家は途中からゴールキーパーになったので尚更、です)

実際はそれらが増えた時に、収納するための場所をつくる「覚悟」だけあれば良いのだと思っています。

定位置にがちがちになると、「入れる場所が無い!!」「ロッカーでも必要かしら?」と思うこともあるようですので。
収納する場所が必要であれば、その時一番収納しやすい場所を考えて配置換えをすればよい。置く場所が無ければ溢れるものを片付ける場所を作るか捨てればいい。

と、簡単そうに言っていますが、難しいですよね(笑)

 

私はお片付けは上手ではありませんが、片付けるためのスペースをデザインするのは得意なので、必要な方はご相談くださいね。

Miyu
みゆう設計室代表・神戸の女性一級建築士。 母・主婦目線で家族の暮らしから住まいをデザインします。 ご飯が美味しくなった!と言われる家、家事負担を減らし、リラックス時間を楽しめる家の設計はお任せください。中学生兄妹、年子の母。 家族と家づくりとヴィッセル神戸が大好き。