HOMECOLUMN › 家族の暮らしにふさわしい空間の広さ

家族の暮らしにふさわしい空間の広さ

住まいづくりの最初に、家と暮らしに対してのご要望を伺いますが、あまり積極的に部屋の具体的な広さ(何帖であるか)については聞きません。

 

逆に、〇帖の部屋が欲しい、という具体的な要望があるケースの場合、その広さにする理由について聞くようにします。

 

なぜ、敢えて広さを聞かないかと言いますと
それぞれの部屋の広さは過ごし方と全体の床面積に対してのバランスで決まってくるからです。

 

102

 

何をするための広さなのか

 

家には、その家族にふさわしい空間の広さがあります。

例えば、リビングを広くしたい、という要望があるとします。
そのリビングで何をしたいか、どのようにして過ごすために広くしたいか、
という点をまず考えてみましょう。

 

「家族でテレビゲームがしたいから、リビングを広くしたい」

「リビングで子供が遊ぶから、大人がくつろぐスペースを別に確保したい」

「家族が別々の事をしているのに皆リビングに集まるので、それぞれの居場所をリビングに設けてほしい」

「ホームパーティを開けるリビングにしたい」

 

それぞれ理由は異なります。

また、置きたい大きなソファセットがある、来客を呼びたいなどの理由があがることもあるでしょう。

 

暮らし方に適した広さがある

 

そのような、リビングで過ごしたいことの要望があがれば、その要望に適した広さが見えてきます。
天井が高く、〇帖のリビングが良い
という要望よりもずっと明確に、その家族に必要な部屋の広さが見えるのです。

 

もちろん、敷地条件、予算などで広さを確保することが難しい場合もあります。

その時は、ただ諦めるのではなく、他の空間との優先順位、バランスで広さを考えます。
場合によっては他の部屋が無くなることもあります。

 

そうやって、暮らしの中で大切にしたいことの優先順位を考えていくと、適した広さの家の間取りが生まれます。

 

広さだけでは居場所がうまれない

 

01

 

広い家って魅力的な印象がありますが、広いからと言って居心地が良いわけではありません。

広い空間も、居場所や使いやすさが満たされないと居心地が悪くなります。

 

特に家族が空間と時間を共有する「リビング」は、その場で使うものを使いやすく収納するスペース、その場で心地よく過ごすための家具(ソファ、椅子など)が必要。

人と人、人とモノなどの距離感も広くて遠くて心地よいとは限りません。

 

だからこそ、その場所で家族とどうすごすか、というイメージがとても大事だと思っています。

そして、将来的に家族の生活スタイルが変わったときも心地よく過ごせるよう、固定しすぎないイメージ作りをうながすようにしています。

Miyu
みゆう設計室代表・神戸の女性一級建築士。 母・主婦目線で家族の暮らしから住まいをデザインします。 ご飯が美味しくなった!と言われる家、家事負担を減らし、リラックス時間を楽しめる家の設計はお任せください。中学生兄妹、年子の母。 家族と家づくりとヴィッセル神戸が大好き。