TOP/ 人間味あふれる空間、クールな空間、どちらが好きですか?

人間味あふれる空間、クールな空間、どちらが好きですか?

今日、打合せの帰りの電車で、いつも仕事でお世話になっているカラーワークス神戸のrikaさんとばったり会いました。

ちょうど伝えたかったお仕事の話も車内で。

こういう偶然、大好きです。

 

よくカラーワークスさんのFarrow&Ballペイントを使用していますが、塗料の発色の良さやムラの少なさ、何より上質な空間になることが好きで、皆さんにオススメしています。

 

セルフペイントに限らず、実際に職人さんに施工してもらうこともありますが、DIYをすることの魅力は・・・

「その空間に愛着を感じるようになること」

だと思っています。

 

IMG_0893-2

 

特に小規模リフォームで利用してもらうのはそのため。

新築や大規模リノベーションの場合は、家への愛着を育てる家づくりをしますので、そのような工夫をしなくても愛着を感じる空間が生まれます。

 

愛着、だけではなく、空間に親しみを感じるか感じないか、これは好みが分かれる部分でもあると思います。

比較的、男性は明快なクールな空間が好きなように感じられますし、女性は人間味のある温もりを感じる空間が好きなように感じます。

そういえば、みゆう設計室が設計する家の場合は、ご主人も温もりを感じる空間が好きなケースが多いです。

(だから依頼して下さるのだと思っていますが)

 

以前、お客さまと一緒にショールーム巡りをしているときに、大規模な建物でスケール感がヒューマンスケールを越えている空間は落ち着かないですね、という話をしました。

私はこの仕事をしているからなのか、体質なのか、たまに空間に酔います。

酔いしれる方ではなくて、気分が悪くなる方の酔うです。

 

広さに対して天井が低すぎる空間では頭が痛くなりますし、逆に高すぎる空間ではめまいがします。

そういう建物の中では、内装がおしゃれな店が入っていても落ち着かないな、と感じるのですよね。

 

クールな空間でも、スケール感が絶妙で居心地の良い空間もあります。

人間味あふれる空間は、素材のバランスによっては重苦しく感じることもあります。

 

人のための空間は、人に対してのバランスが大事です。

 

私の設計は比較的「人間味あふれる空間」に寄っていると思います。

だからこそ、気をつけていることは「暑苦しくならない程度の人間味」。

家族と仲良く暮らせる家=家族がべったり寄り添いあう家

ではないですから。

 

程良い距離感で、お互い自然に気を使える家。

そんな程良さが私は好きです。

人工的に感じる、整えられたクールな空間でも同じだと思っています。

 

家族、人との関わり方と、空間の好み。

どちらが好きでも極端では無くて、程良くバランスのとれた空間は魅力的ですよね!!



暮らしから住まいをデザインする、母・主婦目線の家づくり。
兵庫・神戸で住宅設計をしている女性建築士、みゆうがお送りしました。

みゆう設計室からのお知らせ

今日もブログを読んで下さってありがとうございます。
みゆう設計室は、女性目線で「家族の暮らし」を住まいのカタチにする神戸の建築設計事務所。
インテリアから、リフォーム・リノベーション、新築まで。
家族が笑顔になる家づくりのサポートをしています。


ブログランキング・にほんブログ村へ

にほんブログ村カテゴリー「女性建築士」
ぜひ一日1回、ブログランキングクリック応援してくださいね!

キッチン見学会

キッチン見学会+キッチンづくりのお話会
【日時】2016年6月5日(日)①10:00~②13:00~
【会場】「コラベルがある暮らしのリフォーム」のキッチン(豊中市)


Miyu
みゆう設計室代表・神戸の女性一級建築士。 母・主婦目線で家族の暮らしから住まいをデザインします。 ご飯が美味しくなった!と言われる家、家事負担を減らし、リラックス時間を楽しめる家の設計はお任せください。中学生兄妹、年子の母。 家族と家づくりとヴィッセル神戸が大好き。

Leave a comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です