TOP/ ブログ/ 今年を綴る手帳、来年を綴る手帳

今年を綴る手帳、来年を綴る手帳

みなさん、もう来年の手帳は用意しましたか?

私は仕事のスケジュールも、子どものスケジュールもあまり前もって決まることがないので、だいたい1か月前くらいに翌月のスケジュールが埋まりはじめます。

12月に入ると急に翌年のスケジュールが増えるんですよね。

そのためだいたい12月の上旬から手帳を切り替えています。

 

手帳の切り替え時って難しいですよね。

 

私はここ数年はずっと「ほぼ日手帳」

他の手帳の機能が欲しいと思うこともあるのですが、トータルで考えると自分に一番合っているようです。

今年は少しカスタマイズしてみました。

 

IMG_6576

 

カレンダーシール、というものを発見。

これを2セット買いました。

ひとつめのカレンダーシールは家族のスケジュール。

もうひとつのカレンダーシールは、作業できる空き時間を見られるカレンダー。

作業タスクもそこに書いていく予定です。

 

もちろん手帳内にも月カレンダーページがあるので、3つのカレンダーページがあるということですね。

それ以外に間に挟むノートをプロジェクトノートにしたり、アイディアノートにしたり・・・と工夫しました。

実は、何でも手帳に書くのが好きなんです。

あまりいろんなノートは持ち歩きたくないんですよね。

 

こんな風に来年の手帳をカスタマイズして、早速それを使っているので、もう新年の気分でもあります(笑)

 

手帳を新しくしたら、今度は一年を振り返る業務も出てくるわけです。

手帳を変えたのにもかかわらず、今年の手帳も持ち歩いて内容のチェック(笑)

 

いろんなノートは持ちたくなかったはずなのに!!

 

新しい一年への「夢」を思い、ここまでの一年の「積み重ね」を思う。

手帳に刻まれたいろんな出来事に背中を押されて、いろんな事がまた始まりそうです。

わくわく。

 

そして、今年はもう年賀状印刷も出しましたよ!

順調に年末作業が進んでいるので、あとは仕事の作業を進めなければ!!

 



暮らしから住まいをデザインする、母・主婦目線の家づくり。
兵庫・神戸で住宅設計をしている女性建築士、みゆうがお送りしました。

みゆう設計室からのお知らせ

今日もブログを読んで下さってありがとうございます。
みゆう設計室は、女性目線で「家族の暮らし」を住まいのカタチにする神戸の建築設計事務所。
インテリアから、リフォーム・リノベーション、新築まで。
家族が笑顔になる家づくりのサポートをしています。


ブログランキング・にほんブログ村へ

にほんブログ村カテゴリー「女性建築士」
ぜひ一日1回、ブログランキングクリック応援してくださいね!

キッチン見学会

キッチン見学会+キッチンづくりのお話会
【日時】2016年6月5日(日)①10:00~②13:00~
【会場】「コラベルがある暮らしのリフォーム」のキッチン(豊中市)


Miyu
みゆう設計室代表・神戸の女性一級建築士。 母・主婦目線で家族の暮らしから住まいをデザインします。 ご飯が美味しくなった!と言われる家、家事負担を減らし、リラックス時間を楽しめる家の設計はお任せください。中学生兄妹、年子の母。 家族と家づくりとヴィッセル神戸が大好き。

Leave a comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です