TOP/ ブログ/ 暮らしの中で優先順位が高いもの

暮らしの中で優先順位が高いもの

今日は京都にてリノベーションの打合せ。

検討事項がほとんど解決されて、残り図面を修正して見積もり段階まできました。

 

 

古いものを活かし、暮らしを整えるリノベーション。

 

古い型板ガラスや、手の込んだ欄間、味のある照明器具。

これらを活かしながら、でも何より暮らしやすくする。

 

書類整理、洗濯動線。

たくさんある本を、全て見渡せる本の間。

 

写真はプチガーデンを楽しむ家の書庫

 

家によって多い本の種類が異なります。

文庫が多い家、マンガが多い家、雑誌が多い家。

本棚にCDやDVDをたくさん置きたい家もあります。

 

N様邸では、収納のオーガナイザーさんがいらっしゃるので、モノの把握、行動や好みの把握なども客観視できています。

これがとても面白いですね。

設計者としては物を収納する場所、定位置をつくることは可能ですが、それを収納するのは建築主ご本人なんですよね。

私としてもとても勉強になりますし、特にオーガナイザーさんは表には見えないモノがあることまで知っているので本当にすごいなと思います。

 

そして、優先順位の高いものから採用し、特に必要でないものは削ぎ落とす。

その作業もあと残りわずかです。

N様、オーガナイザーのH様、ありがとうございました。

 



暮らしから住まいをデザインする、母・主婦目線の家づくり。
兵庫・神戸で住宅設計をしている女性建築士、みゆうがお送りしました。

みゆう設計室からのお知らせ

今日もブログを読んで下さってありがとうございます。
みゆう設計室は、女性目線で「家族の暮らし」を住まいのカタチにする神戸の建築設計事務所。
インテリアから、リフォーム・リノベーション、新築まで。
家族が笑顔になる家づくりのサポートをしています。


ブログランキング・にほんブログ村へ

にほんブログ村カテゴリー「女性建築士」
ぜひ一日1回、ブログランキングクリック応援してくださいね!

キッチン見学会

キッチン見学会+キッチンづくりのお話会
【日時】2016年6月5日(日)①10:00~②13:00~
【会場】「コラベルがある暮らしのリフォーム」のキッチン(豊中市)


Miyu
みゆう設計室代表・神戸の女性一級建築士。 母・主婦目線で家族の暮らしから住まいをデザインします。 ご飯が美味しくなった!と言われる家、家事負担を減らし、リラックス時間を楽しめる家の設計はお任せください。中学生兄妹、年子の母。 家族と家づくりとヴィッセル神戸が大好き。

Leave a comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です