TOP/ ブログ/ 大丈夫、周りもみんな見守っているよ

大丈夫、周りもみんな見守っているよ

今日はリノベーションの打合せ。

実施設計もあらかたまとまり、あとは修正して見積に入ります。

なかなか魅力的なお住まいになると思います。

 

そして、もうすぐ夏休みも終わり。

新学期が始まっている学校もあるのでしょうね。

中学生のお兄ちゃんの方は3日前から登校日で、さっそくテストやら部活やら、こちらもお弁当生活スタートです。

 

そして、夏休みいっぱい、私の実家で過ごしていた娘が明日帰ってきます。

 

かわいい、って言ったらまた怒られるんだろうな。

写真は、まだ二人とも保育園に行っていた頃のもの。

仲良かったんですけどね、今はケンカばかりです(笑)

 

CA391782

 

NHKの朝ドラ、「まれ」、出勤前に見ているんですけれども、展開のダメ出しは置いておいて(笑)、働く母には切ない週でした。

自分がやりたいことのために子どもを犠牲にして、とか。

犠牲になんかしていないと思っていても、保育園で待っている子どもたちの姿を思い浮かべて、切ない気持ちになったものです。

子どもは全くそんな風に思っていなくても。

 

それでも一度だけ言われたことがありました。

小学校に入ったばかりの頃、遊びとおふざけの境が分からない友達からいじめられていると感じて、学童に行きたくないと言ったときに、ママが仕事していなければいいのに、と。

本音であり、嘘でもあり、でもそんな気持ちがあったのかと知って申し訳なかったなと思ったことがあります。

だからといって、仕事を辞めるわけではなかったのですが、その時に親子で解決できることを一緒に考えて、しばらく学童は休んだり、夕方の仕事を抑えたりしましたね。

子どもたちがぶつかる壁とは向き合うけど、私の仕事は私の仕事。

 

今はあのころと同じように、次の壁にぶつかっている成長のとき。

正直、そこまで向き合わなくてもいいのではないか(ウザいとか言われるので!)と思うのですが、イマドキの難しい中学生の生態も知りたいですし(笑)、余計なお世話しかできないのが母だと思ってしまうのですよね。

 

子どもが小さい頃、思い通りに子育てができなくて、泣きたくなるようなこともあったけれど、母親としても初心者でしたからね。

母親13年生になっても、まだ毎日、思い通りにはいかないなあ、と思いますよ。

大変そうだな、と思う親子を見かけた時は、思わず子どもさんに向けて笑いかけてしまう私です。

笑えば、それまでの気持ちがリセットされることもある。

もちろん、悪化することもあるけれど(笑)

そして、お母さんに対しても、大丈夫、周りもみんな見守っているよ、ということに気づいてほしいから。

 

大丈夫。みんな見守っているから。

 

そう自分に言い聞かせながら、今日も中学生の悩みを聞くとしましょうか。

 



暮らしから住まいをデザインする、母・主婦目線の家づくり。
兵庫・神戸で住宅設計をしている女性建築士、みゆうがお送りしました。

みゆう設計室からのお知らせ

今日もブログを読んで下さってありがとうございます。
みゆう設計室は、女性目線で「家族の暮らし」を住まいのカタチにする神戸の建築設計事務所。
インテリアから、リフォーム・リノベーション、新築まで。
家族が笑顔になる家づくりのサポートをしています。


ブログランキング・にほんブログ村へ

にほんブログ村カテゴリー「女性建築士」
ぜひ一日1回、ブログランキングクリック応援してくださいね!

キッチン見学会

キッチン見学会+キッチンづくりのお話会
【日時】2016年6月5日(日)①10:00~②13:00~
【会場】「コラベルがある暮らしのリフォーム」のキッチン(豊中市)


Miyu
みゆう設計室代表・神戸の女性一級建築士。 母・主婦目線で家族の暮らしから住まいをデザインします。 ご飯が美味しくなった!と言われる家、家事負担を減らし、リラックス時間を楽しめる家の設計はお任せください。中学生兄妹、年子の母。 家族と家づくりとヴィッセル神戸が大好き。

Leave a comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です