TOP/ ブログ/ 国立競技場のこと

国立競技場のこと

新国立競技場の設計を白紙にしたニュースが大きく取り上げられています。

予算より大幅にオーバーしたこと。
現実に確実な施工ができそうにない雰囲気。
(表に見えない部分も多いですよね)

ザハの案が実現するのなら、見てみたかった気がします。

サッカー観戦が好きなものとして、そしてその建築に惹かれるものとして。

無理だろうな、と思ってからも時間はずいぶん経過し
たくさんの人たちがそこに労力をかけてからのリセット。
結局そこにかかった費用以上に、これからかかる費用の方がはるかに多いということなのですよね。

 

IMG_4383

 

前国立競技場、最後のサッカー、天皇杯。

 

IMG_4389

 

確かに座りにくいし、トイレも古くてバリアフリーではないし、不便な点もありましたが、前国立競技場すごく好きでした。

やはり、聖地という感じがしましたよね。

 

私が好きなヴィッセル神戸のホームであるノエビアスタジアムは全天候型、開閉式屋根のスタジアム。

すごくかっこよくて、見やすくて、大好きなのですが、全天候型であることで日照と風の入りが悪いことから、天然芝の育ちが悪いことが問題になっています。

ホームのスタジアムを変更する可能性が出てくるという状況にあって、今、新国立競技場の芝育成は大丈夫なデザインなのか、ということも気になっています。

 

私自身、サッカーを見はじめるまでは、どんなスタジアムが良いかといえば、デザインが良くて、機能的なスタジアムを選んだと思うのですが、実際に見に行くようになると「スポーツ観戦」に適したスタジアムか、スポーツの運営、ゲームがしやすいスタジアムか、というようなポイントを重きに置かれてきます。

 

かつてワールドカップで使われたスタジアムの芝の現状を考えると、芝が育ちにくいスタジアムを作ってほしくないですよね。

 

そして、私は前国立競技場の雰囲気が好きだったので、皆に愛される新国立競技場ができてくれたらいいなと思います。そして、完成したらもちろんそこでサッカー観戦したいと思っています。



暮らしから住まいをデザインする、母・主婦目線の家づくり。
兵庫・神戸で住宅設計をしている女性建築士、みゆうがお送りしました。

みゆう設計室からのお知らせ

今日もブログを読んで下さってありがとうございます。
みゆう設計室は、女性目線で「家族の暮らし」を住まいのカタチにする神戸の建築設計事務所。
インテリアから、リフォーム・リノベーション、新築まで。
家族が笑顔になる家づくりのサポートをしています。


ブログランキング・にほんブログ村へ

にほんブログ村カテゴリー「女性建築士」
ぜひ一日1回、ブログランキングクリック応援してくださいね!

キッチン見学会

キッチン見学会+キッチンづくりのお話会
【日時】2016年6月5日(日)①10:00~②13:00~
【会場】「コラベルがある暮らしのリフォーム」のキッチン(豊中市)


Miyu
みゆう設計室代表・神戸の女性一級建築士。 母・主婦目線で家族の暮らしから住まいをデザインします。 ご飯が美味しくなった!と言われる家、家事負担を減らし、リラックス時間を楽しめる家の設計はお任せください。中学生兄妹、年子の母。 家族と家づくりとヴィッセル神戸が大好き。

Leave a comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です