TOP/ ブログ/ 北欧インテリアが好まれる理由

北欧インテリアが好まれる理由

私がフィンランドに訪れたのは約3年前の夏。

13日に毎日放送「住人十色」で紹介される、「森を望む家」が竣工する頃でした。

 

そのような時期だったのですが、ご縁あって、フィンランドを旅することができました。

それも、私が学生時代から憧れていた、アルヴァアアルトが設計した住宅を巡る旅を。

 

アアルトの住宅の写真に出会う

 

自分がアアルトの建築が好きなことは自分でも忘れているほどでしたが、それを引き出してくれたのが「森を望む家」のK様でした。

北欧の住まいのような家にしたい。

そう言って見せてくれた写真のひとつがアアルトのデザインした住宅でした。

 

「森を望む家」の設計の間はアアルトの住宅の写真やプランを見直すことはありませんでした。
なぜ見なかったか、は私も記憶にはないのですが、私の中で学生時代に必死で学び取ろうとしていたアアルトの住宅の要素をたくさん「森を望む家」に盛り込んだのだと思います。

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

写真は「実験住宅、コエタロ」

アアルトの自邸として使われた時期もある、湖畔のサマーハウスです。

 

どんな要素なのか・・・

来月の講座でお話しちゃおうかな、と思っています。

 

「北欧の住まいから学ぶインテリア講座」7月10日金曜日開催

 

北欧インテリアが日本人に好まれる理由

 

IMG_1797

 

写真はIKEAのショールームで、インテリアグリーンを取り入れている様子。

私も少しインテリアグリーンを取り入れていきたいなと思っています。

扱いが下手なのでね。うまくいくか分かりませんが。

 

北欧インテリアが日本人に好まれる理由、私なりにみつけたものがあります。

それも講座で紹介しますね。

 

それが分かると、北欧インテリアを我が家にも取り入れやすいんですよ。

 



暮らしから住まいをデザインする、母・主婦目線の家づくり。
兵庫・神戸で住宅設計をしている女性建築士、みゆうがお送りしました。

みゆう設計室からのお知らせ

今日もブログを読んで下さってありがとうございます。
みゆう設計室は、女性目線で「家族の暮らし」を住まいのカタチにする神戸の建築設計事務所。
インテリアから、リフォーム・リノベーション、新築まで。
家族が笑顔になる家づくりのサポートをしています。


ブログランキング・にほんブログ村へ

にほんブログ村カテゴリー「女性建築士」
ぜひ一日1回、ブログランキングクリック応援してくださいね!

キッチン見学会

キッチン見学会+キッチンづくりのお話会
【日時】2016年6月5日(日)①10:00~②13:00~
【会場】「コラベルがある暮らしのリフォーム」のキッチン(豊中市)


Miyu
みゆう設計室代表・神戸の女性一級建築士。 母・主婦目線で家族の暮らしから住まいをデザインします。 ご飯が美味しくなった!と言われる家、家事負担を減らし、リラックス時間を楽しめる家の設計はお任せください。中学生兄妹、年子の母。 家族と家づくりとヴィッセル神戸が大好き。

Leave a comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です