TOP/ ブログ/ ユカハリ・タイル ワリバシを使ってみた

ユカハリ・タイル ワリバシを使ってみた

今週は少しゆっくり始動しようと思っていたのですが、思ったより仕事がたくさんあってなかなか仕事が片付かず・・・。

我が家はどんな連休を過ごしていたかと言うと、家のセルフリフォーム+インテリアコーディネートをしておりました。

 

劇的!?ビフォアアフター

【アフター】

IMG_4141

【ビフォア】

IMG_4119

 

既に養生を貼っていた写真ですが・・・。

というような感じでセルフペイントをしておりました。

 

劇的かどうかは分かりませんがかなり雰囲気が変わりました。

明るい空間から、落ち着く空間に。

 

子どもが大きくなってきて、少し親もゆっくり過ごせる空間が欲しいなという気持ちでデザインしました。

あまり上手なペイントではないですけどね。

 

ユカハリ・タイル、ワリバシ

そして、リビングだけ試しに置床リフォームしてみました。
使ってみたのは、ユカハリ・タイル、ワリバシ です。

今回はお世話になっている、ウッドデザインコミュニティ、シェアウッズさんにお願いして購入しました。

 

IMG_4130

 

箱から取り出したユカハリ・タイル。

西粟倉、森の学校のユカハリ・タイルは以前から気になっていたのですが、このワリバシが生まれてからぜひ使ってみたいと思うようになりました。

杉の間伐材からワリバシを作る過程で作られた、ワリバシになる前の小さな角材を床材にしたもの。

そのアイディアが魅力的。

通常のすぎやひのきのユカハリ・タイルより、カットがしやすいだろうと思い、その素材の面白さ以上に使いやすいだろうと思っていました。

 

実際リノベーションや新築で使うというより、インテリアで使うタイプの置床ではありますが、賃貸マンションなどでは取り入れやすいと思います。

あとは子ども部屋一部屋だけとか。

賃貸マンションでも憧れの無垢床材ですね。

床の段差ができるので、その点は注意が必要ですが、我が家のドアのアンダーカットでは納まる厚さでした。

 

このまま、クリアのオイルをかけるだけでも良いかなと思っていたのですが、部屋の雰囲気に合わせてオスモカラーを使うことにしました。

 

IMG_4131

 

貼る前にオイルがけして乾燥させたので楽でした。

 

IMG_4145

 

最初は一方向で貼る予定だったのですが、エンドのおさまりを考えて市松に。

処分前のカーテンとソファを撮影しておきました。

 

欠けたり反ったりしませんか?と聞かれましたが、そうなったときは1枚変えればいいと思うんですよね。

50センチ角1枚ですから。

びっくりすることに部屋の長手をカットした板が、短手にぴったりおさまって、無駄なく敷き詰められました。

 

 



暮らしから住まいをデザインする、母・主婦目線の家づくり。
兵庫・神戸で住宅設計をしている女性建築士、みゆうがお送りしました。

みゆう設計室からのお知らせ

今日もブログを読んで下さってありがとうございます。
みゆう設計室は、女性目線で「家族の暮らし」を住まいのカタチにする神戸の建築設計事務所。
インテリアから、リフォーム・リノベーション、新築まで。
家族が笑顔になる家づくりのサポートをしています。


ブログランキング・にほんブログ村へ

にほんブログ村カテゴリー「女性建築士」
ぜひ一日1回、ブログランキングクリック応援してくださいね!

キッチン見学会

キッチン見学会+キッチンづくりのお話会
【日時】2016年6月5日(日)①10:00~②13:00~
【会場】「コラベルがある暮らしのリフォーム」のキッチン(豊中市)


Miyu
みゆう設計室代表・神戸の女性一級建築士。 母・主婦目線で家族の暮らしから住まいをデザインします。 ご飯が美味しくなった!と言われる家、家事負担を減らし、リラックス時間を楽しめる家の設計はお任せください。中学生兄妹、年子の母。 家族と家づくりとヴィッセル神戸が大好き。

Leave a comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です