TOP/ ブログ/ 必要なのは、動線の見直しではなく、居場所の見直し

必要なのは、動線の見直しではなく、居場所の見直し

今日はインテリア相談に行ってきました。
お写真を撮らせてもらいました。

Y様から、「写真に撮ると我が家素敵!!」と言われました。

 

01

 

そうなんです。
家のマイナス部分が見えることが多いのですが、暮らしを整えるために頑張っている、この様子をたまには写真にとって確認してみてくださいね。
客観的な目で見て、何が気になるか分かると思います。
収納の中なども撮影してみると良いですよ。

Y様から、リビングの動線を見直したいとのご相談依頼でしたが、動線はコンパクトでしたし、それほど家事動線、生活動線に難がある感じはしませんでした。
基本は「居場所」に「居場所で使う物の置場」が少ない、ことが原因ではありましたね。

あとはどの場所が居心地良く、どう過ごすか。
そしてその場所で使った物、使う物をどこに片づけるか。
というようなお話をしました。

意外と暮らしの中で自分の家のイメージは固まってしまうので、そういう意味でも、インテリア相談は客観的なアドバイスを聞く価値があると思います。

 

内容はコラムでアップしていますので、ご覧くださいね。

動線も短いし、物も少ないけれど・・・

 

インテリア相談については下記リンクをご覧ください。

インテリア相談



暮らしから住まいをデザインする、母・主婦目線の家づくり。
兵庫・神戸で住宅設計をしている女性建築士、みゆうがお送りしました。

みゆう設計室からのお知らせ

今日もブログを読んで下さってありがとうございます。
みゆう設計室は、女性目線で「家族の暮らし」を住まいのカタチにする神戸の建築設計事務所。
インテリアから、リフォーム・リノベーション、新築まで。
家族が笑顔になる家づくりのサポートをしています。


ブログランキング・にほんブログ村へ

にほんブログ村カテゴリー「女性建築士」
ぜひ一日1回、ブログランキングクリック応援してくださいね!

キッチン見学会

キッチン見学会+キッチンづくりのお話会
【日時】2016年6月5日(日)①10:00~②13:00~
【会場】「コラベルがある暮らしのリフォーム」のキッチン(豊中市)


Miyu
みゆう設計室代表・神戸の女性一級建築士。 母・主婦目線で家族の暮らしから住まいをデザインします。 ご飯が美味しくなった!と言われる家、家事負担を減らし、リラックス時間を楽しめる家の設計はお任せください。中学生兄妹、年子の母。 家族と家づくりとヴィッセル神戸が大好き。

Leave a comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です